コロナ禍前の日常取り戻せるか 5都府県、飲食店の時短要請解除

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京・浅草の雷門前で写真撮影する人たち=25日午前
東京・浅草の雷門前で写真撮影する人たち=25日午前

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪の5都府県で続いてきた飲食店への営業時間短縮要請が解除された25日、人出が増えて経済活動の活発化に期待が広がるとともに、再度の感染拡大への不安も聞かれた。要請を維持する沖縄県でも11月1日に解除予定で、酒類提供の制限などが全国でほぼ解消される中、コロナ禍前の日常をどこまで取り戻せるかに注目が集まる。

 東京・浅草では朝、居酒屋の店主渋谷貴さん(43)が「まだコロナを気にする人はいるだろうし、どれくらい飲みに来てくれるか不安もある。感染対策をこれまで通り続けて営業していく」と話した。