岸田首相「厳粛に受け止める」 野党、静岡で接戦勝利に自信

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参院静岡、山口補選から一夜明けて、記者団の取材に応じる岸田首相=25日午前、東京都内
参院静岡、山口補選から一夜明けて、記者団の取材に応じる岸田首相=25日午前、東京都内

 衆院選は25日、前哨戦とされた参院静岡、山口両選挙区の補欠選挙から一夜が明け、31日投開票に向けて後半戦に入った。与野党対決が1勝1敗に終わったのを受け、岸田文雄首相は「山口は信任をいただき、静岡は残念な結果となった。県民の皆さんの判断を厳粛に受け止めたい」と述べた。野党は「多くの陣営が勇気づけられた」(枝野幸男立憲民主党代表)と静岡での接戦勝利に自信を示した。衆院選の接戦区を中心に攻勢を強める。

 自民党は25日夜、選挙対策本部会合を開き、静岡の無党派層などの投票動向に関する分析を急ぐとともに、衆院選終盤の戦略を練る。