あきた衆院選・激戦の現場:秋田3区 農業振興策で論戦展開

有料会員向け記事

住民とグータッチを交わす杉山候補=東成瀬村(左)、支持者に駆け寄る御法川候補=大仙市

 市町村別農業産出額で県内トップ5に入る横手市、大仙市、由利本荘市を含む秋田3区。2人の候補者は、当地で盛んな農業に力点を置いた運動を展開している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース