県内の新規コロナ感染者、入院者数ともにゼロ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内では24日、新型コロナウイルスの新規感染者の発表がなかった。発表ゼロは22日以来2日ぶり。24日時点で入院者数はゼロとなった。これまで県内で確認された感染者は累計1899人。

 県保健・疾病対策課によると、コロナ感染者の入院がゼロになったのは昨年12月11日以来。

 全国的な流行「第5波」を受けて、県内では8月に感染が急拡大。8月下旬は入院患者数が100人を超す日が続いた。9月下旬から新規感染者数が落ち着いてきたのに伴い、入院患者数も減少。今月に入ってからは10人以下となっていた。

新型コロナウイルスに関する記事はこちら

秋田の最新ニュース