明桜シュート14本 果敢に攻め続け「悔いなし」

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
延長後半、シュートを放つ明桜の内藤
延長後半、シュートを放つ明桜の内藤

 明桜は連覇を逃したものの、「全員守備、全員攻撃」というチームカラーを前面に出した。積極的にプレッシャーをかけ、秋田商に思い通りの攻撃を展開させなかった。

秋田商、2大会ぶり優勝 高校サッカー県大会

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース