ヤクルト石川、プロ最短KO 10月は調子上がらず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1回途中で降板するヤクルト・石川(左から2人目)=東京ドーム
1回途中で降板するヤクルト・石川(左から2人目)=東京ドーム

 ヤクルトの石川が4失点を喫しプロ20年目で先発として最短の1/3回でKOされた。先頭打者から連打され無死一、三塁のピンチを招くと、丸に変化球を完璧に捉えられ、3ランで先制された。さらにリズムに乗れないまま、四死球に中田の二塁打で1死満塁とされて降板。優勝争いの大事な試合で崩れ、ベンチでぼうぜんと立ち尽くした。

巨11―1ヤ(23日) 巨人が大勝

秋田の最新ニュース