あきた衆院選・激戦の現場:秋田1区 初の一騎打ち、相譲らず

有料会員向け記事

 31日投開票の衆院選は中盤に入った。県内3小選挙区では激しい戦いが繰り広げられている。各選挙区を歩き、候補者の動きを伝える。

支持者に手を振る冨樫候補=秋田市大町(写真左)、自転車で遊説する寺田候補=秋田市のJR秋田駅前

 2012年、14年に続き3度目の対決となるが、一騎打ちは今回が初めてだ。自民党前職の冨樫博之候補(66)と立憲民主党前職(比例東北)の寺田学候補(45)が横一線で競り合っている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース