「NTTファイナンス」かたり支払い請求 男性が44万円被害

お気に入りに登録

 秋田県警大仙署は22日、大仙市の50代男性が架空料金請求詐欺に遭い、現金44万円をだまし取られたと発表した。

 署によると21日午後、男性の携帯電話に「NTTファイナンスサポートセンター」をかたる相手から「利用料金の支払い確認が取れていない」とショートメッセージが届いた。表示された番号に電話すると、男から「有料サイトの料金を1年間滞納している」などと支払いを求められ、男性は市内のコンビニの現金自動預払機(ATM)から口座に44万円を振り込んだ。

 男性は、相手がサポートセンターを名乗っているにもかかわらず番号が携帯電話のものだったことを不審に思い、22日午前に署に相談して被害が発覚した。

 署は県内で「NTTファイナンスサポートセンター」を名乗って振り込みを要求する詐欺が多発しているとし、相談を呼び掛けている。

秋田の最新ニュース