大正から昭和の資料展示 仙北市に「荷嶽館」オープン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田沢交流センター内にオープンした荷嶽館の「農民具の展示室」
田沢交流センター内にオープンした荷嶽館の「農民具の展示室」

 秋田県仙北市田沢湖の田沢交流センター内に、田沢湖地区に関する資料を集めた「田沢のミュージアム 荷嶽(かがく)館」がオープンした。「学校歴史の展示室」「農民具の展示室」「暮らしの展示室」の3室からなり、主に大正から昭和にかけての人々の生活や2004年に閉校した田沢小学校、中学校の歩みを知ることができる。

 学校歴史の展示室は、両校の主な出来事やスポーツの栄光をパネルや賞状などで紹介。農民具の展示室は地域の農家が使用したくわや苗舟、除草機のほか、畜産用具や農作業時に着たかすりの着物などが並ぶ。暮らしの展示室には食器や調理用具、冷蔵庫や電話機などがあり、当時の暮らしぶりを伝えている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 527 文字 / 残り 235 文字)

イベントニュース