20日の県内、突風や大雨に注意を 低気圧発達で暴風・高波

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 発達しながら日本海から北日本を通過する低気圧に暖かく湿った空気が入る東日本から北日本の日本海側は20日、暴風や高波に警戒が必要だ。海上は大しけの見込み。西日本から北日本では、落雷や激しい突風、ひょうが降る恐れがある。

 秋田県内で予想される最大瞬間風速は沿岸陸上で30メートル、波の高さは5メートル。20日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で80ミリ。

 秋田地方気象台は竜巻などの突風や急な強い雨、落雷に注意するよう求めており、特に沿岸部では強風への注意を呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 472 文字 / 残り 229 文字)

秋田の最新ニュース