竿燈、酒蔵、あきた舞妓… オンラインで秋田の魅力を発信へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の魅力をオンラインで県内外に発信する「あきたまるごとオンラインフェス」が24日行われる。昨年に続き2回目。映像で竿燈などの演技を配信するほか、食文化や自然も紹介する。県内外の有志でつくる実行委員会の主催。

 午前10時から午後7時ごろまで、ビデオ会議システムZoom(ズーム)と動画サイト・ユーチューブで配信。県内で祭りの運営に関わる人や若手農家、酒蔵で働く人などが出演する。視聴者は当日、ズームとユーチューブいずれかにログインすれば出演者とやりとりできる。

 フェスのホームページ(https://peraichi.com/landing_pages/view/akitaonlinefes/)で、当日のタイムテーブルなどを確認できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 820 文字 / 残り 499 文字)

同じジャンルのニュース