「10億当たるかも」とメール 手数料名目、7万2千円被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警五城目署は16日、潟上市の50代女性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権計7万2千円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、14日に女性のスマートフォンに「10億円が当選するかもしれない」とメールがあった。連絡を取り合ったところ、相手から「当選しました。10億円を受け取るためには、電子マネーで手数料を支払うこと」とメールで指示があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 344 文字 / 残り 169 文字)

秋田の最新ニュース