クロモジ茶、大阿仁小児童が商品化 17日道の駅あにで販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本番に向け、接客を練習する児童
本番に向け、接客を練習する児童

 秋田県北秋田市の大阿仁小学校(奥山法子校長、16人)の3~6年生11人が17日、授業で製造などを体験したクロモジ茶「マタギのお茶っこ×大阿仁小学校」を阿仁比立内の道の駅あにで販売する。15日には児童が本番に向け、接客の練習をした。

 クロモジ茶は阿仁地域の特産。山に自生する樹木「クロモジ」の枝葉を粉砕し、乾燥させて作る。阿仁のマタギをはじめ地域の住民が古くから飲んでいたとされ、独特の香りがする。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 683 文字 / 残り 484 文字)

秋田の最新ニュース