能代市ワクチン集団接種、17日に終了 2回目完了81%超

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県能代市は12日、5月から実施してきた新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日で終了すると明らかにした。今後、新たに接種を希望する人や接種対象年齢の12歳となった人については、医療機関の個別接種で対応する。斉藤滋宣市長が定例会見で説明した。

 市によると、10日現在で2回目の接種を終えた人は3万8962人で、対象人口に対する接種率は81・3%。65歳以上の高齢者は90・6%、64歳以下は73・8%となっている。

秋田の最新ニュース