玉川温泉×北投温泉提携10周年、16日から仙北市で台湾祭

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市国際交流協会は、16、17日、仙北市民会館で「台湾祭」を行う。仙北市の玉川温泉と台北市の北投(ペイトウ)温泉が2011年に提携を結んでから10周年になるのを記念して企画。映画の上映会、台湾の雑貨や飲食の販売、文化体験など多彩な催しを楽しめる。

台湾祭のチラシ


 上映会は両日午後2時から。台湾の文化や日本とのつながりを知ってもらおうと、台湾の嘉義農林学校が甲子園で決勝まで進んだ活躍を取り上げた「KANO 1931海の向こうの甲子園」を上映する。鑑賞した人を対象に、玉川温泉や乳頭温泉郷などの宿泊券が当たる景品抽選会も実施する。

 16日午後1時からは会場と北投温泉をオンラインでつなぎ、台北市温泉発展協会の周水美理事長らと交流する。

秋田の最新ニュース