「チーム背負う選手に」 風間投手に指名あいさつ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)でソフトバンクから1位指名を受けた明桜高の右腕・風間球打投手(18)が12日、秋田市の同校でソフトバンクの永井智浩編成育成本部長らから指名のあいさつを受けた。永井本部長は「将来的にチームを背負えるような選手になってほしい」と話し、風間投手は「(指名の)実感が湧いてきた。中心選手になれるように頑張りたい」と抱負を述べた。

ソフトバンクから1位指名のあいさつを受ける明桜高の風間投手(右から2人目)。左は永井編成育成本部長


 あいさつに訪れたのは永井本部長のほか、福山龍太郎アマスカウトチーフ、作山和英アマスカウトチーフ補佐。永井本部長は「今年のナンバーワン投手という評価で(指名を)決めた。特にストレートの球速と質、マウンド度胸を評価している」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 551 文字 / 残り 254 文字)

同じジャンルのニュース