能代市の縫製加工業「カインドメイツ」が破産手続き開始

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県能代市の縫製加工業「カインドメイツ」(赤塚恵次子社長)は、秋田地裁能代支部から9月30日付で破産手続き開始の決定を受けた。東京商工リサーチ秋田支店によると、負債総額は約2660万円。県内に本社を置く企業では6例目の新型コロナウイルス関連倒産となる。

秋田の最新ニュース