クマを避ける行動を 入山者らに注意喚起、秋田東署

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマによる人身被害に注意を呼び掛ける参加者
クマによる人身被害に注意を呼び掛ける参加者

 秋田市仁別で3日に発生したクマの人身被害を受け、秋田東署は7日、同市山内の補陀寺駐車場で、入山者や現場方面に向かう人たちに注意を呼び掛けるキャンペーンを行った。

 署員や秋田東地区防犯協会旭川支部のメンバーら計17人が参加。被害があった現場に通じる県道を通る車のドライバーに「家や道路の近くでも、やぶがあればクマがいる可能性がある」などと書かれた署員オリジナルのチラシや、折り鶴の形をした反射材キーホルダーなど約100セットを配布した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 296 文字)

秋田の最新ニュース