ハピネッツ、攻守進化で日本一へ! 開幕2連勝の好発進

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツは2021~22年シーズンの開幕2連戦を白星で飾った。2、3日に秋田市のCNAアリーナで2部(B2)から昇格した茨城と対戦。1戦目は前半の中盤で突き放して快勝。2戦目はさらに激しく守り、テンポのある攻撃で圧勝した。選手層の厚みが増した今季。3季目となる前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)の下、チームは攻守両面での進化とともに一丸となって日本一を目指す。


 ハピネッツの持ち味は激しいディフェンス。今季は精度をさらに向上させ「昨季よりもスマートにやりたい。的確な状況判断でめりはりをつけたい」と前田HCは言う。各選手の運動量が豊富だからこそ相手に与えるプレッシャーは大きいが、がむしゃらなプレーでのファウルは減らさなければならない。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1055 文字 / 残り 708 文字)

秋田の最新ニュース