歓声こらえ選手鼓舞 感染対策講じハピネッツ開幕戦に2千人

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
約2千人が訪れた開幕戦
約2千人が訪れた開幕戦

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツの今季開幕戦が2日、秋田市のCNAアリーナで行われ、2部(B2)から昇格した茨城を84―63で下し、好発進した。今季も新型コロナウイルス感染対策を取りながらの観戦となるが、日本一を目指すチームを応援しようと約2千人が試合を見つめた。

 試合前、会場ではハピネッツの開幕戦を待ちわびたブースターが長蛇の列をつくった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 803 文字 / 残り 614 文字)

秋田の最新ニュース