時代を語る・佐藤謙一(4)歌手への道は諦める

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
東京モナルダのメンバーとコンパのステージで歌う(左端)=昭和45年12月
東京モナルダのメンバーとコンパのステージで歌う(左端)=昭和45年12月

 町場のバーで働きながら、モデルの他にバンド活動も数年やっていました。バーテンダーをやっていくか、音楽の道を選ぶか悩んだ時期もありました。

 バーで最初にもらった月給は1万1千円でした。昭和42(1967)年のことです。3年ほどで6万円近くに増えましたが、大半はレコードを買うのに使いました。LPは300枚、シングルは400枚ぐらい集めたと思います。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース