藤里町、秋告げる山の幸 サワモダシびっしり

会員向け記事
お気に入りに登録

 ナラタケの仲間で秋の到来を告げる山の幸「サワモダシ」が、秋田県藤里町の太良峡周辺などで採れ始めた。地元の人によると、今年は例年より1週間ほど早いという。

 サワモダシは人気が高い食用のキノコ。生えてから数日で腐ってしまうため、採るのは生え始めの頃が狙い目だという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 278 文字 / 残り 146 文字)

秋田の最新ニュース