YOSHITAKAコラム⑤ヨーロッパで「秋田の行事」を踊り続ける

お気に入りに登録

Dance under the Moon⑤
ヨーロッパで「秋田の行事」を踊り続ける

文・YOSHITAKA

2014年4月25日、日本に着いた。
就労ビザが取得でき次第、すぐにロンドンに戻るつもりだった。埼玉に住んでいる幼なじみの家に居候させてもらい、夏ごろまで過ごした。しかしビザ取得のめどが立たず、渋谷のシェアハウスで2カ月暮らして待っていたが状況は変わらず、ひとまず故郷の秋田に帰ることにした。

埼玉で買って使っていたママチャリを秋田に送ろうかと考えていたとき、いっそこのまま乗って帰ってしまおうと思い立った。Google mapで調べたらその距離約600キロ。1日120キロ自転車をこげば5日だ。行ける!

出発前、UK Jazz DanceのチームStax GrooveのリーダーIZMさんが、自分のダンススタジオで送迎鍋パーティーを開いてくれた。朝まで食べて飲んで語らい、そのまま徹夜明けでみんなに見送られながらママチャリで出発した。旅の様子はブログやSNSに毎日詳しく書き、写真や動画も撮影しながら移動し、後日ドキュメンタリー映像にしてYoutubeに残した。

(Tokyo ~ Akitaママチャリ縦断の旅。)

幼なじみが繋いでくれたチャンス


秋田に着いたら、幼なじみの北林陽児が連絡をくれ、会うことにした。SNSでママチャリ旅を見て、何か面白いことやってるなと思ったらしい。

陽児とは高校以来の再会だった。彼はサラリーマン生活の後、地元で起業していた。ダンサーとしてこれまでやってきたこと、海外での経験を話すと、とても興味を持ってくれ、地元テレビや新聞社などのメディア関係者に僕を紹介してくれた。

UK Jazz Danceという聞き慣れない、アンダーグラウンドなジャンルということもあり、地元メディアはこぞって記事や番組にしてくれた。その年の暮れには、バスケットボールのプロチーム、秋田ノーザンハピネッツの試合前セレモニーで約3000人を前に踊った。

実は、それまで一人でパフォーマンスをしたことがなかった。いつもカンパニーやグループの一員として踊っていた。一人で踊るのは、街のクラブのサークル内でソロを踊るせいぜい30秒〜1分くらいのものだった。しかし、せっかく陽児が繋いでくれた仕事のチャンスだ。できないとは絶対に言いたくなかった。とにかく全力でやって、大失敗した方がまだましだと思った。

それまでニューヨークやキューバ、ロンドンで学んだことをもう一度思い出し、今自分にできる最高の踊りを真剣に模索した。そして全力で踊った。

人は、というか生物は、次のステージに進まなければもう生きられないという時に、進化という生命の神秘ともいえる力を発揮する。
今までの自分のダンス史の中で、最大の転機はこの時だったかもしれない。

ソロでパフォーマンスした後、本番の映像を見て落ち込むこともあった。しかし冷静にそこから学び、必ず次に生かした。ありがたいことに、秋田では人前で踊る機会がたくさんあり、その度に自分の踊りを磨いていった。

2015年2月21日、秋田市のジャズクラブCat Walkで初のソロ公演を開催した。陽児と2人で、とことん内容を考え、意見をぶつけ合い、構成を練り上げて本番に臨んだ。生バンドの演奏をバックにしたダンスだけでなく、映像やトーク、歌、Michael Jacksonまで盛り込んだ。その時の自分にできる全てを出し切った、渾身の2部構成80分のショーだった。

終演後、陽児、Cat Walkのマスター太田さん、バンドのメンバーと



2015年4月にはIrven Lewis、8月にはHorieさんを秋田へ招き、それぞれダンス公演を開催した。

Irvenは9年振りに仕事で来日するというので、何とかスケジュールを空けてくれるよう頼んだら、日本に着いた翌日から5日間秋田に滞在してくれた。UK Jazz Danceのレジェンドである彼が、僕の生まれ故郷に来てくれただけでも感無量だったが、一緒に秋田の地で踊り、写真を撮り、秋田の料理をおいしいと言って食べてくれるのが嬉しかった。秋田駅前のJAMHOUSEで開催した公演では、Irven、秋田のダンサー、竿燈のお囃子という特別コラボパフォーマンスが実現した。

2015年4月25日に行われたIrven秋田公演にて


(Irven Lewis、秋田ダンサー、竿燈お囃子コラボパフォーマンス映像)

藤田の大壁画との出会い


5月には、秋田県立美術館からミュージアムコンサートで踊ってほしいという依頼がきた。

最初は2階にあるカフェスペースでUK Jazz Danceを踊るという話だったが、カフェの窓から見える水庭が見事で「ここで是非踊らせてください」とお願いした。

打ち合わせ後、美術館の中を見学させてもらった。展示室に入り、目に飛び込んできたのが藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」だった。子どものころは部活ばかりで、美術館には一切興味がなかったので、その壁画を見たのは初めてだった。

何よりも、そこに描かれている人たちの迫力が凄かった。筋肉は彫刻のように盛り上がり、交差する肉体は躍動し、表情は生き生きとして、ポージングも最高に決まっている。秋田を形作る大きな力がそこに描かれていた。

圧倒されて美術館を出ると、壁画を見たときの感動を踊りで表現してみたいという気持ちが沸々と湧き上がった。改めて美術館を訪れ「秋田の行事を踊らせてください」とお願いし、快諾してもらった。

自分で言い出したものの、壁画を踊りで表現する方法なんて全く思いつかない。まずは毎日美術館に通い、壁画と向き合うことにした。不思議なことに、毎日同じ絵を見ても飽きなかった。毎回印象が微妙に違った。目が行く所が違ったり、同じ人物でも表情や感情が違って見えたり、今まで気にならなかった所がやけに気になったり。壁画はもちろん変わらないが、それを見る自分は決して同じではない。

見慣れない不思議なポーズをした踊り子が右端に3人描かれていた。それは秋田音頭の手踊りで、その型は秋田県内でも地域によって違うと教えてもらった。美術館の紹介で、描かれている手の型が残っている仙北地方の手踊りを教えてもらえることになった。

そのとき訪ねたのが、仙北歌踊団の鈴木香織先生だ。かつて藤田は、壁画を描くための取材で角館を訪れていた。その時に藤田が出会い、壁画に描いた踊り子のお孫さんが鈴木先生だった。

秋田の民俗舞踊は独特でとても興味深かった。膝を曲げ、腰を落とし、片足でバランスを取りながら手を滑らかに動かす。手の指はバレエとは逆に外側へ反らす。指を綺麗に揃えて動かすことによって美しいフォルムが生まれ、なんとも言えない魅力を創り出していた。

仙北歌踊団の鈴木香織先生から秋田音頭を初めて教えてもらう



秋田の民俗芸能や祭りの雰囲気を少しでも体感するため、壁画には描かれていない行事も見て回った。羽後町では西馬音内盆踊りを教えてもらった。行事の本番では毎日2時間、3日間にわたり最初から最後まで踊った。

角館のお祭りでは曳山に乗せてもらい、山ぶつけを体験した。田沢湖生保内の梵天祭りでは大きな梵天を交代で荒々しく回し、家々を巡りながら秋田音頭、秋田おばこ、ドンパン節などの手踊りを踊った。

壁画の中央に描かれている霊峰・太平山にも登った。

田沢湖生保内の梵天祭りの踊り子たちと



秋田の行事に描かれているハレとケ。
冬は長く厳しく、雪は深く積もり、生活は閉ざされる。それゆえに短い夏に生きる喜びをみんなで爆発させる。秋田を出ている人も、この時季は地元に帰り、みんなで集まり、先祖に感謝し、祭りという最高の舞台でパワーをぶつけ合う。そうしてまた次の1年を生きる力を蓄え、それぞれの日常へ戻っていく。
それは祈りであり、祝福だ。

それぞれの行事に突然参加したいと言ってきた自分を、各地のみなさんは温かく迎え入れ、来年もまた来いと言ってくれた。秋田に生まれ、この方々に出会えたことがとても嬉しかった。

日吉八幡神社、まぼろしに舞う


行事のない日は美術館に通い続けた。自分なりに秋田の歴史を、文化を、空気を、可能な限り吸収し、自分の踊りへと変換させていった。

結局、美術館の水庭で踊る許可は下りず、会場を変えなければならなかった。
それにふさわしい場所があった。秋田市八橋の日吉八幡神社である。かつて藤田に「秋田の行事」の制作を依頼した資産家・平野政吉が、壁画を収める美術館の建設地に計画していたのが、この神社の境内だった。戦争の影響で、この地への美術館建設は実現しなかった。「まぼろしの美術館」に思いをはせ、神社の拝殿で「秋田の行事」を踊るのだ。

ダンスの音源はCat Walkの店主・太田さんに相談し、「秋田の行事」に描かれた4つの場面にふさわしい4曲を選び、地元ミュージシャンによるJazzアレンジの生演奏をお願いした。イベント告知のための写真は、日本滞在中のIrvenがこのためだけに再度来秋し、撮影してくれた。

最終リハーサルは公演会場の日吉八幡神社で15日間行った。藤田が平野家の米蔵で、15日間で壁画を描き上げたというエピソードにならった。

2015年10月17日、公演当日。
これ以上ない、完璧な晴天の秋の日だった。

神社の方々や地元青年会、美術館スタッフらが朝から準備をしてくれた。
その日用意したパンフレット300枚はすぐなくなり、400人以上の来場者があった。

あとはそれまで積み重ねてきたものを信じ、ただ全身全霊で踊るだけ。

黄昏時、まずは神事が行われた。
辺りが暗くなっていき、Jazzの音楽とかがり火が燃える音の中で踊った。

秋田県立美術館ミュージアムコンサート「まぼろしに舞う」



大壁画「秋田の行事」は15日間で完成したけれど、ダンスに完成はない。
その瞬間だけの、たった1回があるだけ。
同じ自分が踊っても、毎回違う。
今日の自分はもう2度と存在しないように。

この5カ月の準備期間、15日間のリハーサルを経て本番を踊り切り、確かな手応えを、一筋の光のような可能性を感じることができた。

この「秋田の行事」をこれからも踊りたい。
さまざまな場所で。
さまざまな人の前で。
さまざまな自分の人生の時間の中で。

この時、表現者として、強く、素直にそう思った。

秋田に滞在中、多くの場所に呼ばれ講演会やワークショップをさせてもらった。
秋田高校や秋田大学、聖園短大、聖霊高校、羽川小学校、秋田幼稚園、能代養護学校など。

2015年9月24日、母校の秋田大附属中学校で、全校生徒、保護者、先生たちの前で進路講演会をさせてもらったのは特に感慨深かった。会場の体育館は、僕が初めて人前でダンスを披露した場所。その後のダンス人生の始まりの場所だった。そのときの自分と同じ年頃の後輩たちに、僕がここからどう生きてきたのかを伝えた。特別な思いが込み上げる時間だった。みんな真剣に聞いてくれ、質問もたくさんしてくれた。

附属中学校での進路講演会


オランダに拠点をつくるために


イギリスの就労ビザ取得は、当初思っていたようには進まず、時間が掛かるにつれエージェント会社の負担が増えた。会社の内部事情も変化し、ついには話し合いの上、断念することになった。それまで僕も、ハイネケンCMで得たギャラの半分を弁護士費用などに費やしていたので、かなりショックではあったが、それ以上はどうしようもなかった。

しかし、どうしてもまたヨーロッパへ行き、この秋田で創り上げてきた自分の踊りを見てもらいたかった。辛抱強く、丹念に、他国のビザ事情を調べると、オランダは日本人の移住と就労に対して特別待遇があるという情報を見つけた。ここで一気に、オランダを拠点にヨーロッパでダンス活動するという道筋が見えてきた。

オランダに活動拠点をつくるため、2015年12月から2カ月半かけて秋田魁新報社が運営する「FAN AKITA」でクラウドファンディングに挑戦した。チラシを作り、いくつもの企業の忘新年会やパーティーでソロパフォーマンスを行い、思いを話し、一人一人に挨拶をして回った。クラウドファンディングは目標金額の116%を集め、無事成立した。たくさんの秋田の人たちに支えられ、自分のダンスを追求する人生を続けられている。このことを忘れたことはない。

失われた剣舞の“復活”


県内の民俗芸能を調べる中で、大日堂舞楽や霜月神楽で舞われる剣舞に関心を持ち、秋田市下浜に「羽川剣ばやし」という芸能があるのを知った。剣ばやしとはいうものの、羽川ではかつて踊られていた剣舞は失われ、手踊りと扇の舞だけが残っているという。

秋田で名前に剣が付く民俗芸能はとても珍しい。失われた剣舞がどうしても気になり、図書館や史料館で調べたが分からなかった。そこで2016年1月に保存会の会長、大友隆一郎さんに会いに行った。しかし保存会にも剣舞に関する史料は残っていなかった。

そこで、僕は「剣舞を創作して復活させませんか」と提案し、なんとやらせてもらえることになった。その日から羽川に通い、まずは地域の子どもたちに踊りを指導している平塚久子さんに、現存している手踊りと扇の舞を教えて頂いた。その踊りには剣を振るうような動きが入っていた。

僕は剣を握ったことがなかったので東京に行き、ハリウッド映画「キルビル」に出演、剣術指導もした「剱伎衆かむゐ」の島口哲朗さんにマンツーマンで基本動作を習った。
秋田の民俗学に詳しい齊藤壽胤さんにアドバイスを頂いたり、わらび座(仙北市)の民族芸術研究所では小田島清朗さんに貴重な資料を見せて頂いたりした。

そして仙北地方に伝わる仙北神楽を知り、その剣舞を角館神明社の宮司、戸澤さんに教えて頂いた。その魔を払う激しい動きを新たな剣舞に取り入れることにした。
さらに数ある秋田音頭の手踊りの中でも1番古い、元の型を残しているといわれる土崎湊祭りの秋田音頭も名人の方から教えて頂いた。

そうやって約4カ月かけ、羽川剣ばやしの剣舞を創り上げた。

民俗芸能はその地域のみなさんのものだ。羽川剣ばやしの剣舞という以上、地元の方々に認めてもらえなければ意味がない。気に入ってもらえるかどうかが一番大事だった。お披露目前の4月には、ストレスからか腰を痛め2週間動けなくなった。

5月1日、雨上がりの羽川八幡神社境内。
剣舞を終え、大きな大きな拍手が起こった時、本当に嬉しかった。そして心からほっとした。
地元の皆さん一人一人の笑顔を見て、やって良かったなと思った。

剣舞初お披露目の後、羽川剣ばやし保存会のみなさんと



羽川剣ばやしも他の民俗芸能と同じように年々担い手が減り、継承に不安を抱えている。2021年現在、この剣舞は地域の子どもたちによって踊り継がれている。伝統とは人が作り、そして受け継いでいくもの。自分には何ができるだろうか。またあの子どもたちと一緒に剣舞を踊れる日を楽しみにしている。ちなみに羽川剣ばやしは、ヨーロッパのどこで踊っても、とても喜ばれる。

羽川の子どもたちに剣舞を指導する



2016年夏は前年以上に、たくさんの秋田の祭りに参加した。
土崎湊祭り、竿燈祭り、生保内梵天祭り、花輪ばやし、一日市盆踊り、毛馬内盆踊り、花輪の町踊り、羽川八幡神社祭典など。

前年に続いて参加した西馬音内盆踊りでは、保存会の菅原裕美子さんに直接ご指導頂く機会があった。その動きは、地元で子どもの頃から踊り、積み重ねてきたからこそ生まれる独特のニュアンス、民俗芸能の奥深さを感じさせるものだった。お世話になっている秋田市の「呉服やまだい」さんが作ってくれた見事な藍染めの着物を着て、3日間、時間一杯踊り続けた。

羽後町の西馬音内盆踊り会館にて

2016年西馬音内盆踊り本番



「秋田の行事」のダンスのクライマックスとなる竿燈を上げる姿を研究するため、竿燈の練習に参加するうちに、祭り本番にも参加させてもらえることになった。子どもの頃から見ていた竿燈に自分が出て、満員の観客が埋め尽くす山王大通りで大若を上げたあの感動は、今でも忘れられない。

2016年竿燈祭り



秋田の祭りや文化を学びながら、オランダに渡る準備を続けた。12月6日に秋田県児童会館けやきシアターで壮行公演を開催した。それまで秋田で関わったたくさんの方々とステージで共演し、秋田の人たちに踊りを見てもらった。そして12月18日に日本を発った。

渡欧壮行公演YOSHITAKA DANCE LIVEのカーテンコール



同日、モスクワ経由でアムステルダムに到着した。
ユースホステルに2週間滞在し、ネットの掲示板で住む部屋を見つけ、オランダ生活がスタートした。

2017年元旦、アムステルダムにて



ヨーロッパに暮らし、ダンスで生きていくというのはやはり簡単なことではなかった。今回渡欧するに当たり、ダンス以外の仕事、生活のためのアルバイトはしないというルールを自ら決めていた。毎週ダンスワークショップを開催し、オランダのエージェントにコンタクトを取り、コマーシャルなど映像の仕事のキャスティングをどんどん受けた。

さまざまなダンス団体や文化団体、イベント関係者に経歴書と動画を送り、踊らせてもらえる機会を探した。ほとんどは返事も返ってこなかったが、100件に2~3件は出演する機会が得られた。しかし必ずしも出演料をもらえるとは限らなかった。それでも最初のうちは、少しでも多くの人に知ってもらうため、できる限りいろいろな場所へ行き、踊った。

2017年から2019年までヨーロッパツアーを行なった。オランダをはじめフランス、ドイツ、ポーランド、イギリスなどでイベントに参加したり、自主公演を開催したりした。

2019年ポーランドのバラヌフ・サンドミエルスキ城にて。Shoko Okumura撮影)



2018年はスコットランドのエジンバラで毎年開催されている世界最大の芸術祭、エジンバラ・フェスティバル・フリンジにて5日間ソロ公演を行なった。世界中からあらゆるPerforming Artsをする者たちが集まる場所で、自分の踊りが通用するか試したかった。

秋田の企業に協賛をお願いし、高清水さんの日本酒、伊藤漬物さんのいぶりがっこを公演の合間に観客に提供した。目で見て、音を聞き、舌で味わう。秋田の文化を融合させ創り上げたパフォーマンスを、世界中から集まってきた観客に見てもらった。

終演後に観客を見送る際、たくさんの嬉しい感想を聞くことができた。複数の地元メディアによるレビューで高評価を頂いた。

2018年エジンバラ・フェスティバル・フリンジにて。Garry Platt撮影


藤田のアトリエのある村で


2017年パリのイベントで踊った時、パリ在住で秋田市出身の今井その子さんに出会った。
翌年パリ日本館で開催したソロ公演の運営を手伝ってくれ、フランス人の夫ピエールさんと子どもたちも見にきてくれた。ピエールさんに、パリ郊外の村にある藤田嗣治のアトリエを美術館にした「メゾン・アトリエ・フジタ」に連絡をしたが、返事が来なかったという話をすると、彼が直接電話して話してみると言ってくれた。

年が明けた2019年1月、ピエールさんは本当にアトリエに電話をしてアポイントを取り、わざわざ出向き、僕の「秋田の行事」のダンスについて説明してくれた。秋田で制作したドキュメンタリー映画「冬の秋田の行事」をアトリエ学芸員の責任者アンヌさんにその場で見てもらうと、彼女は一目で気に入り、その年9月の「ヨーロッパ文化遺産の日」の目玉行事として、アトリエでダンス公演を行わないかと提案してくれた。

(秋田で制作したドキュメンタリー映画「冬の秋田の行事」)


僕はもちろん快諾し、9月の公演開催へ向けて準備を始めた。
ロンドンからIrvenに来てもらい、自分も初めてアトリエへ行き、PR素材のための写真撮影をした。
藤田が暮らし、作品を制作していたアトリエは素晴らしかった。生前のままに画材が並んだ部屋の壁には、彼が晩年、フランス北部ランスの礼拝堂に描いたフレスコ画のための習作があった。薄暗い部屋で、聖母や祈る人たちの絵の前に立ち、踊りながらポーズを取ろうとすると、とても厳かなで不思議な感情に包まれ、気が付けば涙が落ちていた。

2019年6月メゾン・アトリエ・フジタにて。Irven Lewis撮影



アトリエでの公演を含むヨーロッパでの活動は、2019年に始まった秋田県若者チャレンジ応援事業に採択された。これにより、なまはげの面や樺細工、曲げわっぱなど秋田の民芸品や工芸品の展示、ドキュメンタリー映画制作の費用を賄うことができた。

9月の公演の直前には、アトリエのあるヴィリエ・ル・バクル村の子どもたち約100人に向けてダンスワークショップを行った。秋田のドンパン節に合わせた簡単な盆踊りの振付を作って教え、みんなで輪になって踊った。アトリエ公演でも演奏してくれたフランス人三味線奏者シルヴァンが生演奏し、日本語で歌った。

ヴィリエ・ル・バクル村の子どもたちへのワークショップ



今回は、パリの今井さん家族以外にも、秋田からドキュメンタリー映画撮影にメルデジタルの近藤さんとバウハウスの森川さん、そして秋田魁新報の安藤さんが取材に来てくれた。公演に合わせ、アトリエで放映した「まぼろしの藤田美術館」のCG再現映像の制作者、秋田県立大の込山先生も視察に訪れた。韓国からは、舞台運営スタッフとして友人のパクさんが、イギリスからはIrvenが写真撮影とダンスのアドバイザーとして来てくれた。

日本を離れた異国で、こんな形で世界中からみんなが集まれるのは本当に素晴らしいことだ。村にはホテルがないので一軒家を借り、そこで共同生活したり、小学校の先生のお宅にホームステイさせてもらったりした。先生夫婦には、藤田の話をいろいろ聞かせてもらった。

2日間の公演は初日が快晴で、アトリエの庭のステージで踊ることができた。
ステージから藤田のアトリエの窓が見えた。彼は見てくれているだろうか。この踊りを喜んでくれているだろうか。ふと、そんな思いが頭をよぎった。

これまで積み重ねてきたものを、全身全霊をかけて踊った。
この場所で踊り、この村の人たちに見てもらえたこと。それだけで胸が一杯だった。
踊り終わった後、最前列で見ていた女性が一枚のスケッチをくれた。「娘がなまはげをとても怖がっていたけれど、ずっと最後まで見ていたのよ」と教えてくれた。
それはヨーロッパでもらった、今までで一番嬉しい感想だった。

公演後にFred Zouilleがくれたスケッチ



この公演の模様を収録したドキュメンタリー映画は次の年に完成し、現在Youtubeで公開している。

(ドキュメンタリー映画「Villier-le-Bacle」)


2020年はコロナ禍で公演活動はほとんどできず、ダンスワークショップをZoomで行い、何とか生活費を繋ぎ、またオランダ政府による個人事業主への支援もあり、生き延びることができた。

2021年9月初めに、実に1年以上ぶりにオランダ国内でパフォーマンスを行なった。そしてこの記事が公開される頃には、ポーランドで1週間の公演ツアーを行っている。
その後の計画も立ててはいるが、果たして予定通りに行くかは、まだまだ五里霧中だ。

人は言葉や文化が違っても、自分の心に正直に、真摯に向き合って何かを追求すれば、みんなに共通する何かを見つけることができる。
それを探す旅は、僕に生きる価値を与えてくれる。

必要だと思うときに、必要な場所へ行き、自分にできることを一生懸命する。
たくさんの人と繋がり、支え、助けてもらいながら。
今までずっとそうやって生きてきた。

今夜も月が綺麗だ。
来年、来月だって自分がどこにいるかは分からないし、生きているという保証もない。
でもひとつだけ確かに言えることは、この世界にいる限り、自分はこの同じ月の下で踊り続けているだろう、ということだ。
(終わり)


YOSHITAKAコラム一覧

2019年パリにてIrven Lewisと。Yasuhiro Kondo撮影

秋田の最新ニュース