決勝は能代松陽―大館桂桜 秋季高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大曲工業―大館桂桜】粘りの投球で完投した大館桂桜の福田=こまちスタジアム
【大曲工業―大館桂桜】粘りの投球で完投した大館桂桜の福田=こまちスタジアム

 第73回秋季東北地区高校野球秋田県大会第6日は25日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝を行った。能代松陽は大館鳳鳴を七回コールドゲームで下し、大館桂桜は大曲工との点の取り合いを制した。両校は東北大会(10月20~26日・宮城)出場を決めた。

 最終日の26日は同スタジアムで決勝と、東北大会出場を懸けた第3代表決定戦の大館鳳鳴―大曲工を実施する。

 ▽準決勝
能代松陽 7―0 大館鳳鳴
(七回コールドゲーム)
大館桂桜 8―5 大曲工

秋季高校野球2021

秋田の最新ニュース