地方点描:接種済みバッジ[男鹿支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 「2週間以内に県外を訪れたことはありましたか」。宿泊施設や飲食店を予約する時、こう聞かれることは珍しくなくなった。新型コロナウイルス感染防止の観点からは必要な質問だろう。一方、外出先で「ワクチンは接種しましたか」と尋ねられたことは一度もない。

 国はワクチンについて、発症予防効果などのメリットが副反応などのデメリットよりも大きいとして、接種を推奨している。しかし接種は強制ではなく、あくまでも本人の意思に基づく。医学的な事由により受けられないという人もいる。打たない人に対する差別的な扱いはあってはならず、接種の有無を聞くことは感染防止のためといえどもタブーに近いだろう。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 611 文字 / 残り 324 文字)

秋田の最新ニュース