深夜に歩行の80代男性を保護 警備員男性に能代署が感謝状

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
能代署の加藤署長(左)から感謝状を受け取る信太さん
能代署の加藤署長(左)から感謝状を受け取る信太さん

 深夜に1人で道を歩いていた80代男性を保護したとして、秋田県警能代署は、三種町の警備員信太雄大さん(46)に感謝状を贈呈した。

 署によると先月26日午前1時ごろ、信太さんが警報に対応して帰宅しようと三種町の県道を車で走行中、1人で歩いている高齢の男性を見掛けた。

 不審に思って車の速度を緩め「父さん、なした(どうした)」と声を掛けたが、受け答えが要領を得なかったため心配になり、署に通報した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 417 文字 / 残り 220 文字)

秋田の最新ニュース