佐竹知事、行動制限緩和は「前のめり」 政府方針巡り

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は11日、政府が希望者のワクチン接種が完了する11月ごろをめどに国民の行動制限を緩和する方針を決めたことに関し、「前のめりになっている。緩和はまだ早い。感染の第6波が起きかねない」と述べた。

 県第2庁舎から参加した全国知事会のウェブ会議後に取材に応じた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 351 文字 / 残り 213 文字)

秋田の最新ニュース