知事「医療提供体制の充実図る」 9月県議会が開会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県議会(資料写真)
県議会(資料写真)

 秋田県議会の9月議会が10日、始まった。佐竹敬久知事は知事説明で新型コロナウイルスの医療提供体制について「さらなる病床の確保や宿泊療養施設の増設の調整を行っている」と述べ、拡充を図る方針を示した。

 県内では先月、月別で過去最多の604人の感染が発表され、県はコロナ患者向けの病床を上限の273床に増やした。佐竹知事は「県民の生命を守ることを最優先に感染防止と医療提供体制の充実強化を図るとともに、経済を下支えする切れ目のない対策など感染状況に応じた効果的な施策に全力で取り組む」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 603 文字 / 残り 358 文字)

秋田の最新ニュース