ストーンサークル館、入館50万人 世界遺産勧告後から急増

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市の大湯ストーンサークル館の入館者が9日、50万人を突破した。2002年4月の開館以来、20年目での達成。5月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)が、縄文遺跡群を世界文化遺産に登録するよう勧告した直後から入館者が急増したという。

 市教育委員会によると、ここ数年の入館者数は年間1万7千人前後で推移していたが、世界文化遺産登録後の8月は1カ月で5800人が訪れ、新型コロナウイルスの影響がなかった19年8月と比べ3割増となった。

くす玉を割り50万人突破を喜ぶ来館者

秋田の最新ニュース