行動制限の緩和、佐竹知事「まだ早い」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久知事は9日、政府が新型コロナウイルスのワクチン接種の進展に合わせ、11月ごろをめどに国民の行動制限の緩和を検討していることに関し「まだ早い。ワクチンを打っても感染することがあり、2回打ったからいいとはならない」と述べた。記者会見で質問に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 316 文字 / 残り 189 文字)

秋田の最新ニュース