コンビニに“珍客”アカギカメムシ 由利本荘市大谷

会員向け記事
お気に入りに登録

 東南アジアなど主に南方に生息するアカギカメムシが、秋田県由利本荘市大谷の「セブン―イレブン由利本荘大内インター店」とその周辺で計4匹発見された。同店にはこれまで珍しいチョウやオオクワガタも出現しており、再びの珍客訪問となった。

高木さんが捕獲したアカギカメムシ(高木さん提供)


 大内インター店の高木秀一郎オーナー(60)が先月28日午後11時半ごろ、店の外の窓に止まっている1匹を発見。昆虫好きなこともあり、見た瞬間アカギカメムシだと分かったという。その後、29日午前5時半までにもう3匹を店の周辺で発見した。

 高木さんはアカギカメムシを虫かごに入れ観察している。「昆虫好きとしては、生きたまま捕獲できたのがうれしい。今後も休憩中などに珍しい虫がいないか見回りたいです」と笑顔で話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 585 文字 / 残り 266 文字)

秋田の最新ニュース