地方点描:キッチンカー[社会部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 カレーライスやホットドッグ、ラムサンド―。平日の秋田市役所前にはこの夏、多彩なキッチンカーが並び、昼時には多くの来庁者や市職員らが利用する姿が見られた。市役所内の記者室前にある食堂を利用することが多い筆者も、日替わりで登場する各店を利用。出来たての料理を屋外のベンチで食べるのは気持ちが良かった。

 公共の場でのキッチンカー営業を認めたのは、市有財産を有料で貸し出し、新たな財源を確保するのが目的だ。6~8月に行われた試験販売が好評だったため、市は今月中旬から再び出店してもらう予定。試験期間中は約1万円で5台分の敷地使用を許可したが、今回は1台分につき最低10万円とし、高い金額で応札した事業者に貸し出すという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 637 文字 / 残り 330 文字)

秋田の最新ニュース