佐竹知事「県でなく菅首相に談判すれば」 国会議員に苦言

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 佐竹敬久・秋田県知事は31日、自民党衆院議員の金田勝年氏(秋田2区)と冨樫博之氏(秋田1区)が飲食事業者の業界団体による県への要望活動に同行したことに関し、「県に来るよりも国に行けばいいのではないか。菅さん(首相)に談判すればいい」と苦言を呈した。県庁で秋田商工会議所の三浦廣巳会頭らと面会した際に発言した。

 金田氏と冨樫氏は23日、新型コロナウイルス対策を求める飲食事業者と共に県庁を訪問。佐竹知事はその際、自治体が対策を打つための地方財源を国として確保すべきだと強い口調で求めていた。

飲食業界2団体、県へ支援要望 休業要請時の協力金支給を

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 448 文字 / 残り 176 文字)

秋田の最新ニュース