地方点描:静かな夏[鹿角支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 鹿角市の花輪ばやし(毎年8月19、20日)で新町の笛を担当する切田利道さん(74)は、お盆前に肩を落とした。県の新型コロナウイルス感染警戒レベルが引き上げられたことを受け、伝統芸能の継承活動なども含めて全ての行事が取りやめになったからだ。

 多くの観光客が訪れる屋台合同運行の2年連続中止が決まったのは5月。この時点では、住民を対象とする各町内の行事や、伝統芸能の継承活動は感染対策の徹底を条件に認めるとしていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 637 文字 / 残り 430 文字)

秋田の最新ニュース