教育2021:コロナ下の学校生活 小学校の1日を追う

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内の学校で夏休みが明けた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、学校現場で子どもたちはどう過ごしているのか。小学校の1日を追った。

教室に向かう前に、玄関前に置かれたサーモグラフィーで体温を測る

 27日午前7時半、大潟村の大潟小学校にマスクを着けた子どもたちが続々と登校してきた。

 下駄箱に靴を入れ、玄関前にある消毒液を手に噴射する。サーモグラフィーの前に立って平熱であると確認してから、自分の教室に向かった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1532 文字 / 残り 1355 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース