地方点描:新駅舎[本荘支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 羽後本荘駅の新たな駅舎が今月完成した。整備は市の主導。橋上化して西口と東口を自由通路でつなぎ、駅東側からのアクセスが格段に向上した。バリアフリー化が進み、通路からの見晴らしも素晴らしい。だが、中身については少々物足りない面もある。

 2階にある待合室は、旧駅舎の約40席から15席に座席が減った。コロナ対策のため、現在利用できるのは実質10席だけ。JRの売店やみどりの窓口もなくなった。利用者の減少傾向を踏まえたJRによる規模縮小とはいえ、市を代表する駅としては寂しい印象だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 406 文字)

羽後本荘駅の新駅舎に関する連載企画です

秋田の最新ニュース