夏休み明け学校内での感染拡大懸念 授業再開、対策徹底を

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
夏休み明けの集会でマスク着用と手洗いの徹底を呼び掛ける鐙校長=23日、男鹿市の船越小学校
夏休み明けの集会でマスク着用と手洗いの徹底を呼び掛ける鐙校長=23日、男鹿市の船越小学校

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、秋田県内の学校は順次夏休みが明け、授業を再開している。「感染が広がるのではないか」「授業を再開して大丈夫か」―。対策に追われる学校現場からは、不安の声も上がる。

 「感染が広がっているこのタイミングで再開すれば、学校から家庭にコロナが波及することも考えられる」。県央部の小学校長は語る。

 この学校ではお盆明けから、児童や家族が濃厚接触者になるケースが増えているという。校長は「8月いっぱい学校を休みにした方がいいのではないか」と悩む一方、「休校によって子どもたちの教育活動を止めたくない」。マスク着用と消毒の徹底、学年ごとに行事を分散開催―といったこれまで通りの対策を続けるしかないと考えている。

秋田の最新ニュース