土偶モチーフの菓子続々 伊勢堂岱遺跡、世界遺産登録を記念

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたのに合わせ、北秋田市の菓子店2店が遺跡の土偶をかたどった菓子を販売している。看板商品をアレンジしたり、リアルさを追求したりと工夫を凝らしている。

看板商品をアレンジ「いせどうくんまんじゅう」晩梅


 住吉町の菓子店・晩梅(高橋伸幸代表)は、伊勢堂岱遺跡のマスコットキャラクターを焼き印した「いせどうくんまんじゅう」(直径約6センチ、厚さ約2センチ)を販売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1039 文字 / 残り 806 文字)

秋田の最新ニュース