ブラウブリッツ、攻撃にリズム 悔やまれる前半の失点

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―長崎】後半30分、秋田の武(左奥)がミドルシュートを決めて1―1とする=ソユースタジアム
【秋田―長崎】後半30分、秋田の武(左奥)がミドルシュートを決めて1―1とする=ソユースタジアム

ブラウブリッツ、長崎と引き分け

 後半の秋田は、攻守両面で内容、結果いずれも見違えて良くなった。中盤でボールを奪うシーンが増え、攻撃にリズムが出てきた。

 後半立ち上がりからセカンドボールの回収力に優れたMF藤山智史を投入し、中盤でのボール奪取率が上がった。守備もコンパクトな陣形を保つことで強固になり、前半に見られた長崎に中央突破を許すシーンが減った。それに伴い右サイドのMF沖野将基にパスが供給されるようになり、敵ゴールを脅かせるようになった。