地方点描:大文字焼き[大館支社編集部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 大館市で気温35度以上の猛暑日が観測史上最長の7日連続となった今月8日の夜、鳳凰山に「大」の火文字が2年ぶりに浮かび上がった。その翌日の最高気温は前日から約10度も下がり、うんざりするほどの暑気を大文字焼きの炎が焼き払ってくれたかのようで印象深かった。

 少し早いが今夏を振り返ると、当市は8日までは県内で最も暑いと言える状況だった。猛暑日は県内最多の14日間で、うち7日間は県内最高気温。大館の観測史上2、5、6位の気温も観測した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 427 文字)

秋田の最新ニュース