コロナ収束願い男鹿で一斉に花火、ナマハゲ像と“共演”も

会員向け記事
お気に入りに登録

男鹿市内6カ所で打ち上げられた花火。門前漁港付近では色鮮やかな花火とナマハゲの立像が“共演”した=14日午後7時35分ごろ

 秋田県男鹿市の市内6カ所で14日夜、花火が一斉に打ち上げられた。新型コロナウイルスの影響で恒例の「男鹿日本海花火」が2年連続で中止となる中、コロナ収束や無病息災の願いを込めた計約1500発の大輪が夏の夜空を彩った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 325 文字 / 残り 217 文字)

秋田の最新ニュース