近づく夢舞台(上)命運握るエース風間 低めへの制球力が鍵

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
最速157キロの速球が注目される風間。初の聖地でどんな投球を見せるのか=1日、秋田市の明桜グラウンド
最速157キロの速球が注目される風間。初の聖地でどんな投球を見せるのか=1日、秋田市の明桜グラウンド

 10日に幕を開ける第103回全国高校野球選手権。本県代表の明桜は第3日の12日、帯広農(北北海道)と1回戦で対戦する。経大付、経法大付時代を通じて10度目となる夏の甲子園。最速157キロを誇り大会ナンバーワン投手の呼び声が高い風間球打(3年)を擁し、全国の舞台にどう挑むのか。チームの戦いを展望する。3回続き。

 ◇  ◇

 春以降、チームの屋台骨を支えてきたのが150キロ前後の速球を軸に押す風間、鋭いスライダーでテンポ良く打ち取る石田一斗の両3年生右腕。秋田大会5試合では交互に先発し失点は計4で、疲労を最小限に抑えて勝ち上がった。

 ただ夏の甲子園は強豪がひしめく。ここからはプロ注目の速球派で絶対的エースの風間の役割が大きくなりそうだ。輿石重弘監督は「球打が全試合先発するかもしれないし、とにかく次のことは考えず、一戦一戦決勝のつもりで戦う」と目前に迫る大舞台を見据える。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース