障害飛越個人で福島大輔が6位 馬術・4日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
障害飛越個人決勝 競技する福島大輔=馬事公苑
障害飛越個人決勝 競技する福島大輔=馬事公苑

 馬術は障害飛越の個人決勝で福島大輔(STAR HORSES)が6位に入った。最初の走行を終えて減点0で並んだ6選手が臨んだジャンプオフでも減点はなかったが、タイム差で6位になった。馬術の日本勢では1932年ロサンゼルス五輪の障害飛越個人で西竹一が手にした「金」以来89年ぶりのメダル獲得はならなかった。

 斎藤功貴(北総乗馬ク)は減点5で13位、佐藤英賢(ポールショッケメーレ厩舎)は同16で25位だった。