デルタ株、関東で9割に 感染は最多更新し「最大規模」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インド由来の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
インド由来の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国内で4日に報告された新型コロナウイルスの新規感染者が1万4千人を超え、過去最多を更新した。東京の4166人をはじめ、埼玉や千葉、京都、福岡など14都府県で最多となった。関東ではインドに由来するデルタ株の割合が9割に達したと推定される。

 政府の対策分科会の尾身茂会長は4日の衆院厚生労働委員会で、東京を中心とした感染急拡大について「オリンピックが人々の意識(気の緩み)に与えた影響はある」と語った。緊急事態宣言の全国への拡大については「当然議論の対象とすべきだ」との考えを示した。

 田村憲久厚労相は「過去最大規模の感染拡大になっている」と述べ、危機感を示した。