核廃絶願い折り鶴1万2千羽 大館のサークル、広島に送る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
核廃絶を願って広島に送られた千羽鶴
核廃絶を願って広島に送られた千羽鶴

 秋田県大館市の市民サークルなどが、核廃絶を願う折り鶴約1万2千羽を制作して広島市に送った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い広島を訪れる修学旅行生や観光客が減少し、平和記念公園へ寄贈される折り鶴も減っているとして、サークルのメンバーが知り合いに呼び掛けて集めた。

 企画したのは「読んで聴いて語る会」(山木敏子世話役代表)。大館、北秋田、鹿角各市の70代を中心とするメンバー14人が、大館市立中央公民館で月1回、中学校の歴史教科書を使って近現代史などを学んでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 703 文字 / 残り 471 文字)

秋田の最新ニュース