ヒマワリ見て笑顔も咲かせて 金足農生、天王南中に植える

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヒマワリを植える活動に汗を流す金足農高の生徒たち
ヒマワリを植える活動に汗を流す金足農高の生徒たち

 秋田市の金足農業高校造園緑地科の3年生が、潟上市の天王南中学校敷地内にヒマワリを植えるボランティア活動を展開した。新学期を迎える頃には学校へ続く道がヒマワリでいっぱいになってほしいと期待しながら、生徒たちは作業に汗を流した。

 天王南中は校内で「顔はひまわり、心は思いやり」のキャッチフレーズを掲げ、明るい笑顔で人と接することを呼び掛けている。昨年は通学路をヒマワリでいっぱいにしようと、学校敷地内の花壇に植栽。金足農高の教職員が学校運営協議会員を務めていた縁で、今年は同校の生徒たちが植栽を手伝うことになった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 476 文字 / 残り 220 文字)

秋田の最新ニュース