31日の人出、7割弱で減少 自宅での五輪観戦が影響か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち=31日午後
東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち=31日午後

 NTTドコモがまとめた31日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち7割弱の63地点で前週土曜の24日から減少した。東京五輪は日本勢の活躍が目立っており、自宅でテレビ観戦する人が増えた可能性がある。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されている東京都では人出が増えた地点が目立った。

 東京都では12地点のうち7地点で24日を上回った。羽田空港第2ターミナルは感染拡大前の休日平均と比べて43・8%減り、24日からは5・5ポイント上昇した。

 緊急事態宣言の対象に加わる4府県のうち千葉駅が3・6ポイント、大阪府・梅田が8・2ポイント下がった。