NY劇場客もワクチン証明書義務 デルタ株流行で異例措置

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米ニューヨーク市の劇場街ブロードウェーを歩く人々=6月(UPI=共同)
米ニューヨーク市の劇場街ブロードウェーを歩く人々=6月(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの劇場街ブロードウェーは10月末までの全公演で、出演者やスタッフだけでなく観客にも新型コロナワクチン接種証明書提示を義務付ける。業界団体のブロードウェー連盟が30日発表した。感染力の強いデルタ株の流行を受けた措置で、従業員だけでなく観客にも接種を求めるのは異例だ。

 市内の全41劇場が対象。接種対象でない12歳未満の子どもらは例外とし、検査による陰性証明があれば入場可能とした。9月再開を目指すメトロポリタン歌劇場や、10月再開予定のカーネギーホールは子どもも例外扱いせず、ワクチン未接種者は入場を一切認めない方針。