ソプラノ歌手、伊藤京子さん死去 91歳、当たり役「夕鶴」のつう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
死去した伊藤京子さん
死去した伊藤京子さん

 戦後のオペラ界で活躍したソプラノ歌手、伊藤京子(いとう・きょうこ、本名長谷川京=はせがわ・きょう)さんが25日午前10時16分、死去した。94歳。静岡県出身。葬儀は近親者で行った。喪主は長女毛利留美子(もうり・るみこ)さん。

 東京音楽学校(現東京芸術大)を経て、1949年日本音楽コンクール第1位入賞、50年に日本初演のプッチーニ「トゥーランドット」のリュー役でオペラデビュー。ベルディ「椿姫」など多くのオペラでプリマドンナを務め、團伊玖磨氏の「夕鶴」のつうを当たり役とした。日本歌曲にも熱心に取り組んだ。

 日本演奏連盟理事長など音楽団体の要職も歴任した。