住家浸水100棟超、由利本荘市 11、12日の大雨被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市は19日、今月11、12日の大雨による被害状況を明らかにした。16日正午時点で住家106棟の浸水を確認。道路や河川、農地などの被害は概算で約6億3千万円に上る見通し。市は調査を継続し、復旧を急ぐ方針。

 市危機管理課によると、住家の浸水は本荘地域に集中。床上が24棟、床下が80棟確認された。本荘地域では12日午前、1時間降水量が観測史上最大の59・5ミリを記録。排水が一時的に追い付かなくなり、浸水被害が広がったとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 444 文字 / 残り 223 文字)

秋田の最新ニュース